蜂駆除まで、もしもの場合に備えて携帯しておきたい薬とは。

牧場の大きい蜂の巣も
駆除の専門家に任せれば安心!

内科よりも皮膚科

牧場や公園、自宅などで蜂に刺されたら、内科と皮膚科のどちらに行けばいいのか迷うでしょう。皮膚の腫れや痛みだけであれば皮膚科で治療してもらえます。また、皮膚科ではアレルギーの検査もしてもらえます。蜂に一度刺されたことがある人は蜂毒のアレルギーになってしまうことがあるので、念のため蜂毒のアレルギー検査を受けておくと良いでしょう。蜂駆除を信頼できる業者に早めに依頼することも大事です。

根本治療が受けられる

専門の医療機関では蜂毒アレルギーを根本的に治療することができます。アレルギーの原因となる蜂毒の成分を少しずつ体内に入れていき、慣らしていくというものです。体が蜂毒の成分に慣れれば、アレルギー反応を軽減することができます。しかし、この治療は自由診療になるため、医療費は全額自己負担となります。

蜂毒による死亡リスクを抑える

検査によって蜂毒アレルギーが確認されると、エピペンのような補助剤を処方してもらえます。あまり聞き馴染みがないはずなので、ここで特徴について確認しましょう。牧場など自然の多いところで仕事をしている人や暮らしている人は、用意しておくと安心です。

TOPボタン